トイレ水漏れや洗濯機取付など住まいトラブルを解決|ハッピー住まい

種類で異なる

洗濯機の歴史と現状について

日本において、洗濯機が初めて登場したのは昭和の始めである1930年のことです。当時は非常に高価なものであったため、一般家庭には普及せず、多くの人が洗濯板を使用して洗濯を行っていました。その後、1952年に振動式の洗濯機が登場し、翌年には噴流式洗濯機が発売されました。使い勝手が良く、シンプルな構造になったことと、価格が大幅に下がったことにより、徐々に一般家庭に普及し始めていきました。これと同時に、取付のサービスも行われるようになりました。これ以降、洗濯機は日本経済の発展とともに急速な進化を遂げ、ニーズも拡大していきました。特に1980年代後半から現在に至るまで、多くの改良がなされ、高度な機能を有するようになりました。このため、現在ではその取付は業者によって主に行われいます。

サービスの現状と今後の動向

洗濯機の取付は、主に洗濯機を購入した店舗で手配された専門の業者か、引越し業者がサービス内容のひとつとして行っています。しかしながら、最近になって洗濯機が原因となって起こる水漏れや洗濯機の修理、取付を専門に行う業者が増えてきています。洗濯機は設置の仕方が悪いと、水漏れや騒音の原因にもなるため、業者へ取付を依頼することをおすすめします。取付にかかる費用については、業者ごと、もしくは洗濯機の種類によって異なります。一般的な相場として、全自動タイプのもので約3,000円から5,000円、ドラム式のもので9,000円から10,000円、洗濯・乾燥機の一体型のもので6,000円から9,000円となっています。取付を専門に行う業者が増えていることに伴い、今後もサービスの向上や、料金体系の改定が行われていくことが予想されます。